東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ

教えて先生

[No.036]赤ちゃんの頃は、どんなことを育てることが大切なの?

Q.言葉を話さない赤ちゃんの時に、どんなことを育てることが大切ですか?何をすればよいですか?

A.赤ちゃんは五感を使うことで、心も体も成長します。また、この時期は、人との心地よい体験を重ねることで、意欲や自信にもつながる安定した心の土台、「基本的信頼感」を持つことが大切です。

赤ちゃんは、人に育てられ人に愛されて、安定した心・愛する心が育ちます。

私たちが思っている以上に赤ちゃんはわかっています。赤ちゃんは、大人の語りかけや歌をよく聴き見て、感性を磨きます。おむつを替える時や外に出た時の声かけも役に立っています。

例えば、毎日のおむつ替えで、「くさいの気持ちよくしようね」「きれいになって気持ちがいいねー」等と声をかけていると、赤ちゃんは相手に協力することを覚えていきます。

外に出た時、「わんわん、いたね-」「お花、きれいね」との話しかけは、言葉を覚える準備になります。

見る、聞く、さわる、嗅ぐ、味わうという五感を使うと、脳の神経細胞がつながり、体も心も成長することがわかってきました。

赤ちゃんが人と心地よい体験を重ねると“人はよいものだ”との感覚を持つことができます。それが“自分を好き”という心の土台となる「基本的信頼感」です。

この信頼感は心の安定感となり、何でもやってみたいという意欲や自信になっていきます。

食事や睡眠、清潔を保つなどの世話をする時に、話しかけますが、生活に“あやす・あそぶ”を加えると大人も楽しくなります。

「基本的信頼感」は、語りかけたりあやし唄などで遊んだ時にも育まれます。赤ちゃんが興味を持ち真似しやすい動きやリズム・声かけがたくさん入っているからです。

家族以外の人にもかかわってもらうと、人に慣れ、物おじしない心も育ちます。
(回答:永田 陽子先生)


お友達に教える
教えて先生一覧へ戻る
サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.