東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ

教えて先生

[No.035]赤ちゃんは大人とコミュニケーションしているの?

Q.赤ちゃんに話しかけたり歌ってあげると、じっと見たり笑ったりするのですが、赤ちゃんはわかっているのでしょうか?

A.語りかけたり簡単な動きであやすことに対して、じっと見たり、腕を動かしたり、口を開けたり、真似をしたりするのが赤ちゃんからの返事です。こうしたちょっとした楽しい"やりとり"が、コミュニケーションの力を育てます。

赤ちゃんはたくさんの能力を持って生まれてきます。そのひとつに"人のまねをする力(模倣力)"があります。ちょっとしたやりとり(コミュニケーション)で、赤ちゃんの模倣力は高まり、力が伸びていきます。

授乳や離乳食の時、赤ちゃんはどこを見ていますか?きっとあなたのすることを見ているでしょう。赤ちゃんは"何をしているの?まねできることはないかなー"と興味しんしんの気持ちです。

赤ちゃんと目が合ったら「あそぼ!」と思って手遊びをしましょう。

「にぎ、にぎ、にぎ」と言いながら、大人の耳の横でグー・パー(手を握る・開く)をします。2~3回ゆっくり繰り返したら、赤ちゃんをよく観察してください。(どんなことをしていますか?) 赤ちゃんはゆっくりと反応するので、少し待つのがコツです。

じ―っと見る・腕を動かす・口をあける赤ちゃんもいます。時には、やっている人の手をさわろうとします。それが赤ちゃんからの返事です。手遊びを「おもしろい!」と思ったのです。ゆったりと繰り返してやりとりをすると楽しくなるでしょう。

「れろ、れろ、れろ」と言いながら、舌で上唇をなめるように左右にゆっくりと動かす口遊びもあります。お手本を見せて、赤ちゃんの様子を観る-この繰り返しが赤ちゃんのコミュニケーション力を育てます。

あなたが創作した遊びでもよいのです。赤ちゃんがまねしやすいのは、簡単な動作、単純でリズミカルな語りかけの遊びです。大事なのは、大人の会話と同様に、一方通行でなく赤ちゃんと"やり取り"をすることです。
(回答:永田 陽子先生)


お友達に教える
教えて先生一覧へ戻る
サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.