東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ

教えて先生

[No.034]『体内時計』はどうやって時間を計っているのですか?睡眠にも関係がありますか?

Q.人には「体内時計」があるという話を聞きましたが、どうやって時間を計っているのでしょうか? 睡眠にも関係がありますか?

A.体内時計は時間を計っているのではなく、脳内にある細胞の働きの周期によってリズムを作っています。睡眠にも関係しています。

体内時計は脳の視交叉上核((しこうさじょうかく)(※))にあります。視交叉上核の細胞は約24時間の「リズム」を作ります。

このリズムは以下のようにしてできると考えられています。

細胞はそれぞれの役割に応じて必要な遺伝子を働かせて特有のタンパク質を作ります。視交叉上核では、

①時計遺伝子Perがタンパク質Perを作ります。

②このタンパク質Perは、別の時計遺伝子が作ったタンパク質といっしょになって、時計遺伝子Perがタンパク質Perを作ることを邪魔します。

③その結果タンパク質Perは減ります。

④タンパク質Perが減ると、②つまり「タンパク質Perが別の時計遺伝子が作ったタンパク質といっしょになって、時計遺伝子Perがタンパク質Perを作ることを邪魔する」ができなくなります。

それで時計遺伝子Perがタンパク質Perを作ることができるようになります。 そしてこれは①に戻ることになります。

つまりタンパク質Perは、周期的に量が増えたり減ったりすることとなり、リズムが生まれます。そしてこれが約24時間のリズムなのです。

体内時計は時間を測っているのではなく、リズムを作り出しているのです。

この約24時間のリズムが脳内の睡眠やホルモン、自律神経を司る部位に伝わり、暗くなると眠くなり、朝に目覚め、朝になると交感神経が働き、夜になると副交感神経が働く、などのリズムとなります。
(回答:神山 潤先生)


***********************
体内時計の働きと生活リズムについては、こちらもご覧ください

■早起き・早寝が大切な理由

「その2 朝の光をキャッチして体内時計をリセットするからです。」
http://www.nyuyoji-tokyoi.jp/taisetsu_list2_2.html

「その3 夜に浴びる光は、体内時計と地球時間のズレを大きくするからです。」
http://www.nyuyoji-tokyoi.jp/taisetsu_list2_3.html

***********************
子供の睡眠に関する「教えて、先生!」バックナンバーはこちら。
※タイトルを選択してください。

■No.001授乳中の赤ちゃんの睡眠リズムはいつから作られるの?
■No.002赤ちゃんを寝かせる時は暗い方がいいの?
■No.003お昼寝たっぷりなら夜更ししてもいい?
■No.033子供が自然に寝るまで、深夜でも起きていていいですか?


お友達に教える
教えて先生一覧へ戻る
サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.