東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ

教えて先生

[No.030]同じ絵本ばかりを繰り返し読んでいてもいいのでしょうか?

Q.いろいろな絵本を読んで聞かせたいのですが、子供はいつも同じ絵本を読んでとせがみます。同じ絵本ばかり繰り返し読み聞かせていてもいいのでしょうか?

A.子供は気に入った絵本を何度も何度も楽しみます。お気に入りの絵本は、心に刻まれて大切な一冊になるでしょう。
やがて新しい本に手を伸ばすまで、とことん付き合ってあげてください。


気にいった本を何度も何度も楽しむのが、子供の本の読み方です。読むたびに、初めてのときのような深い喜びがあり、同時に新しい発見をします。

繰り返し読みたい本に出会えたことは、すばらしいことです。どうぞ、とことん付き合ってあげてください。

大人は、読んだ本を読み直すより新しい本を読んだ方が、おもしろいし、役に立つと考えます。でも子供は違います。

子供は、本の中で主人公になりきって、冒険にわくわくします。リズミカルな言葉に心を躍らせます。読めば読むほど、楽しさは増し、本が自分のものになっていくのです。

絵本がまいた種が子供の心の中で育つと、ときには主人公になって遊んだり、絵本の言い回しを普段の会話に上手に使ったりすることもあります。そうやって心に刻まれた絵本は、大人になっても忘れられない大切な1冊になるでしょう。

そしてどんなに好きな本でも、やがて子供はその本を卒業し、新しい本に手を伸ばすときを迎えます。
(回答:都立多摩図書館)

絵本の読み聞かせに関する「教えて、先生!」バックナンバーはこちら。
※気になるタイトルを選択してください。
■No.009赤ちゃんに絵本は必要ですか?
■No.010脳科学の先生が考える"絵本の読み聞かせ"って?
■No.011読み方が下手でも大丈夫ですか?
■No.012どこで、どんな風に絵本を選べばよいですか?


お友達に教える
教えて先生一覧へ戻る
サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.