東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ

教えて先生

[No.026]赤ちゃんの脳も育っているのですか?どんな刺激を与えればいいですか?

Q.まだ何もできない赤ちゃんの脳も育っているのですか?発達のためにはどんな刺激を与えればいいのでしょうか?

A.お日様のリズムに合わせた毎日の生活の中で繰り返しうける、強すぎない刺激が赤ちゃんの脳を着実に育てます。


脳の形は、見た目には生まれた時も大人になっても大体変わりません。違うのは、脳の中にある脳細胞同士のつながり具合です。

脳の中に収納されている脳細胞は150~200億個もあって、これが生まれたあと細胞同士がどんどんつながりを増やして複雑な構造になっていきます。これが、「脳が育つ」ということです。

実は、生まれて最初の5年くらいが、一生のうちでも最もこのつながりが増える時期です。ということは、赤ちゃんの脳こそ、育っているということですね。

この脳神経のつながりは刺激によって増えていきますから、刺激を繰り返したくさん与えるほど脳はよく育ちます。"繰り返したくさん"と言っても、難しいことではありません。刺激は、五感を通して、生活そのものから入ってくるからです。

たとえば朝日を浴びること(目から入る光の刺激)、ミルクを飲むこと(鼻から入る匂いの刺激や舌で感じる味の刺激)、大人の声を聞くこと(耳から入る音の刺激)、おもちゃで遊ぶこと(肌から入る触覚)などが、赤ちゃんの脳には生まれたその日から絶え間なく刺激として入ってきます。

大事なことは、お日様のリズムに合わせて、赤ちゃんと大人の暮らしが毎日だいたい規則正しく行われていることです。

朝、お日様が昇ったら目覚め、昼間は大体同じ時間に食事をしたり体を動かす活動をして、お日様が沈んだら寝る。そして、大人が話しかけたり笑いかけたり抱っこをしたりする。

決して強い刺激ではありませんが、これらが毎日繰り返されることによって脳は着実に育っていくのです。
(回答:成田奈緒子先生)


お友達に教える
教えて先生一覧へ戻る
サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.